Ruby 2.2.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > optparseライブラリ > OptionParserクラス > parse!

instance method OptionParser#parse!

parse!(argv = self.default_argv) -> [String][permalink][rdoc]

与えられた argv をパースします。

OptionParser#permute! と同様に argv を破壊的にパースします。 環境変数に POSIXLY_CORRECT が設定されている場合は、 OptionParser#order! と同様に振舞います。

[PARAM] argv:
パースしたい引数を文字列の配列で指定します。
[EXCEPTION] OptionParser::ParseError:
パースに失敗した場合、発生します。 実際は OptionParser::ParseError のサブク ラスになります。


require "optparse"

opts = OptionParser.new do |opts|
  opts.on_head("-i", "--init")
  opts.on("-u", "--update")
  opts.on_tail("-h", "--help")
end

ARGV              # => ["-i", "-u", "-h", "test"]
opts.parse(ARGV)  # => ["test"]
ARGV              # => ["-i", "-u", "-h", "test"]
opts.parse!(ARGV) # => ["test"]
ARGV              # => ["test"]