Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > DOSISH 対応

DOSISH 対応

ruby version 1.7 では、DOSISH対応(DOS/Windows のパス名の扱いに対する変 更)が含まれています。(現在の)変更点を以下に示します。

なお、これらの変更は mswin32 版、mingw32 版, bccwin32 版, Human68k 版, os2_emx 版の Ruby にのみあてはまります。

とりあえずの目標として、

への対応が挙げられていますが、ドライブレター対応などの微妙な部分については現在もruby-listなどで議論が継続されています。 現時点では、Fileの各メソッドに対する\対応, マルチバイトパス名対応, UNC 対応が実装されています。[ruby-dev:13817], [ruby-dev:14097]

以下、各メソッドの挙動について...

File.dirname

パスセパレータとして従来の/に加えて\も認識するようになっています。 これに合わせて、マルチバイトで記述されたパス名への対応も行われています。

p File.dirname("C:\\foo\\bar")

=> ruby 1.6.4 (2001-06-04) [i586-mswin32] "."

=> ruby 1.7.1 (2001-08-16) [i586-mswin32] "C:\\foo"

p File.dirname("C:/foo") p File.dirname("C:\\foo") p File.dirname("C:foo")

=> ruby 1.6.4 (2001-06-04) [i586-mswin32] "C:" "." "."

=> ruby 1.7.1 (2001-08-16) [i586-mswin32] "C:" "C:" "."

=> ruby 1.8.0 (2003-01-06) [i386-mswin32] "C:/" "C:\\" "C:."

File.basename

パスセパレータとして従来の/に加えて\も認識するようになっています。 これに合わせて、マルチバイトで記述されたパス名への対応も行われています。

p File.basename("C:\\foo\\bar")

=> ruby 1.6.4 (2001-06-04) [i586-mswin32] "C:\\foo\\bar"

=> ruby 1.7.1 (2001-08-16) [i586-mswin32] "bar"

File.split

File.dirname と File.basename が変更されているので、File.split もそれに準じた 結果を返します。

File.expand_path

ドライブレター対応に関して、下記のような案が提示されています。

Dir.chdir("D:/") p File.expand_path("C:foo", "C:/bar") p File.expand_path("D:foo", "C:/bar")

=> ruby 1.6.4 (2001-06-04) [i586-mswin32] "C:/bar/C:foo" "C:/bar/D:foo"

=> ruby 1.8.0 (2003-01-06) [i386-mswin32] "C:/bar/foo" "D:/foo"

=> 新井案 [ruby-list:30970] "C:/bar/foo" (なんらかの例外)

File.join

ドライブレター対応に関して、下記のような案が提示されています。

p File.join("c:", "foo") p File.join("c:/", "foo") p File.join("c:.", "foo") p File.join("c:", "/foo")

=> ruby 1.6.4 (2001-06-04) [i586-mswin32] "c:/foo" "c://foo" "c:./foo" "c://foo"

=> ruby 1.8.0 (2003-01-06) [i386-mswin32] "c:/foo" "c:/foo" "c:./foo" "c://foo"

=> 新井案 [ruby-list:31185] "c:./foo" "c:/foo" "c:./foo" "c:./foo"

File.fnmatch
Dir.glob
Dir[]