Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > fiddleライブラリ > Fiddleモジュール

module Fiddle

クラスの継承リスト: Fiddle

要約

fiddle の名前空間をなすモジュールです。

UNIX の dlopen(3) や Windows の LoadLibrary() などのダイナミックリンカへの低レベルなインターフェースを提供するモジュールです。

特異メソッド

定義 説明
last_error -> Integer

最後に Fiddle::Function#call で C の関数を呼び出した 結果設定された errno を返します。

last_error=(errno)

Fiddle.last_error で返される値を設定します。

win32_last_error -> Integer

最後に Fiddle::Function#call で C の関数を呼び出した 結果設定された errno を返します。

win32_last_error=(errno)

Fiddle.win32_last_error で返される値を設定します。

モジュール関数

定義 説明
dlopen(lib) -> Fiddle::Handle

ダイナミックライブラリ lib をロードし、 Fiddle::Handle として返します。

dlunwrap(addr) -> object

指定されたアドレスの Ruby オブジェクトを返します。

dlwrap(obj) -> Integer

指定されたオブジェクト obj のアドレスを表す整数を返します。

free(addr) -> nil

指定された addr が指すメモリ領域を開放します。

malloc(size) -> Integer

size バイトのメモリ領域を確保し、その領域を指す整数を返します。

realloc(addr, size) -> Integer

addr で指定したメモリ領域を size バイトにリサイズし、その領域を指す整数 を返します。

定数

定義 説明
ALIGN_CHAR -> Integer

C の構造体における char のアライメントの値。

ALIGN_DOUBLE -> Integer

C の構造体における double のアライメントの値。

ALIGN_FLOAT -> Integer

C の構造体における float のアライメントの値。

ALIGN_INT -> Integer

C の構造体における int のアライメントの値。

ALIGN_INTPTR_T -> Integer

C の構造体における intptr_t のアライメントの値。

ALIGN_LONG -> Integer

C の構造体における long のアライメントの値。

ALIGN_LONG_LONG -> Integer

C の構造体における long long のアライメントの値。

ALIGN_PTRDIFF_T -> Integer

C の構造体における ptrdiff_t のアライメントの値。

ALIGN_SHORT -> Integer

C の構造体における short のアライメントの値。

ALIGN_SIZE_T -> Integer

C の構造体における size_t のアライメントの値。

ALIGN_SSIZE_T -> Integer

C の構造体における ssize_t のアライメントの値。

ALIGN_UINTPTR_T -> Integer

C の構造体における uintptr_t のアライメントの値。

ALIGN_VOIDP -> Integer

C の構造体における void* のアライメントの値。

BUILD_RUBY_PLATFORM -> String

ビルドに用いた ruby のプラットフォームを表す文字列。

NULL -> DL::CPtr

C の NULL ポインタ

RUBY_FREE -> Integer

ruby_xfree の関数ポインタのアドレスの値。

SIZEOF_CHAR -> Integer

Cでの sizeof(char) の値

SIZEOF_DOUBLE -> Integer

Cでの sizeof(double) の値

SIZEOF_FLOAT -> Integer

Cでの sizeof(float) の値

SIZEOF_INT -> Integer

Cでの sizeof(int) の値

SIZEOF_INTPTR_T -> Integer

Cでの sizeof(intptr_t) の値

SIZEOF_LONG -> Integer

Cでの sizeof(long) の値

SIZEOF_LONG_LONG -> Integer

Cでの sizeof(long long) の値

SIZEOF_PTRDIFF_T -> Integer

Cでの sizeof(ptrdiff_t) の値

SIZEOF_SHORT -> Integer

Cでの sizeof(short) の値

SIZEOF_SIZE_T -> Integer

Cでの sizeof(size_t) の値

SIZEOF_SSIZE_T -> Integer

Cでの sizeof(ssize_t) の値

SIZEOF_UINTPTR_T -> Integer

Cでの sizeof(uintptr_t) の値

SIZEOF_VOIDP -> Integer

Cでの sizeof(void*) の値

TYPE_CHAR -> Integer

C の char 型を表す定数。

TYPE_DOUBLE -> Integer

C の double 型を表す定数。

TYPE_FLOAT -> Integer

C の float 型を表す定数。

TYPE_INT -> Integer

C の int 型を表す定数。

TYPE_INTPTR_T -> Integer

C の intptr_t 型を表す定数。

TYPE_LONG -> Integer

C の long 型を表す定数。

TYPE_LONG_LONG -> Integer

C の long long 型を表す定数。

TYPE_PTRDIFF_T -> Integer

C の ptrdiff_t 型を表す定数。

TYPE_SHORT -> Integer

C の short 型を表す定数。

TYPE_SIZE_T -> Integer

C の size_t 型を表す定数。

TYPE_SSIZE_T -> Integer

C の ssize_t 型を表す定数。

TYPE_UINTPTR_T -> Integer

C の uintptr_t 型を表す定数。

TYPE_VOID -> Integer

C の void を表す定数。

TYPE_VOIDP -> Integer

C の void* 型を表す定数。

WINDOWS -> bool

Windows 上ならば真です。