Ruby 2.2.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > fcntlライブラリ > Fcntlモジュール

module Fcntl

クラスの継承リスト: Fcntl

要約

ファイルディスクリプタを扱う Unix のシステムコール IO#fcntl (つまりfcntl(2)) で使用できる定数を集めたモジュールです。

@see fcntl(2), open(2), IO#fcntl, IO.open

定数

定義 説明
FD_CLOEXEC -> Integer

close-on-exec フラグの値です。

F_DUPFD -> Integer

ファイルディスクリプタを複製します。

F_GETFD -> Integer

ファイルディスクリプタから close-on-exec フラグの値を読み出します。

F_GETFL -> Integer

ファイル状態フラグを読み出します。

F_GETLK -> Integer

与えられたファイルの範囲のロック状態を取得します。

F_RDLCK -> Integer

読み出しリースを取得します。

F_SETFD -> Integer

ファイルディスクリプタに close-on-exec フラグの値を設定します。

F_SETFL -> Integer

ファイル状態フラグを設定します。

F_SETLK -> Integer

ファイルの範囲のロックを取得します。

F_SETLKW -> Integer

ファイルの範囲のロックを取得します。必要があればロックを取得できるまで待ちます。

F_UNLCK -> Integer

そのファイルからリースを削除します。

F_WRLCK -> Integer

書き込みリースを取得します。

O_ACCMODE -> Integer

ファイルアクセスモードのマスクです。

O_APPEND -> Integer

ファイルを追記モードで開きます。

O_CREAT -> Integer

ファイルが存在しない場合にファイルを作成します。

O_EXCL -> Integer

ファイルが存在する場合に失敗します。Fcntl::O_CREAT と一緒に使用します。

O_NONBLOCK -> Integer
O_NDELAY -> Integer

ファイルを non-blocking モードで開きます。

O_NOCTTY -> Integer

開いたファイルが端末デバイスでも、制御端末にはなりません。

O_RDONLY -> Integer

ファイルを読み込み専用で開きます。

O_RDWR -> Integer

ファイルを読み書きできるように開きます。

O_TRUNC -> Integer

ファイルを開くときに中身を切り捨てます。

O_WRONLY -> Integer

ファイルを書き込み専用で開きます。